投稿

7月, 2017の投稿を表示しています

世界を導く愛の力

イメージ
こんにちは。

今日は少し涼しめでしょうか?
わたしは夏の暑さにどうやって順応したらいいか試行錯誤の毎日を過ごしております。。。

日曜日は久しぶりの瞑想会でした。
とても美しい愛の空間で美しい愛そのものの人たちと過ごし
豊かな力強い愛の時間でした。

皆様の存在に、深く感謝しております^^

本当に素晴らしい一日だったな~と
帰宅してしみじみ思った日曜日だったのです。

光の旅から帰ってきて
セッション自体もまた、少し内容が変わってきた様子。
そういう自然な変化もまた
面白いな~と感じております。。。

さて
旅の話を、また明日、と言いながら1週間ほどお待たせしておりますが 笑

世の中には
仕方ないもの、というものは存在しない

今、降ってきた言葉ですが・・・どういうことでしょう。

例えば
運命で定められているから仕方ない、とか
このように生まれついているのは自分が選択してきたことだから仕方ない、とか
そういう、あきらめにつながるようなことは存在しないということでしょうね。

捉え方次第ですべてが変わります。

これからはいろんなことを
ポジティブな方向に捉えていただきたいな、と
そんな風に思います。

世界のすべては自分の選択によってつくられ
そして、そのすべてに自分の責任があります。

世界のすべての人は愛の光でありますが
それがそう見えないとき、
私たちは自分でそう見えないことを選択しているのですね。

自分が好きになれない人は
自分自身の愛せない一部かもしれませんね。
(というか、そうでしょう)

人に対して思うたくさんの想いは
同時に自分自身に向けられたものであるでしょう

自分自身でも気付かない
自分につけた仮面が
そろそろ役に立たなくなる時代が来ております

例えば・・・
いい人の仮面
その下には、たくさんのネガティブな自分が・・・
でも、それもまた、仮面ですね
それを外したら、愛と光の自分がそこには存在します。

でも、上の仮面から順番に外していかないとね。

その仮面を外すことが
とても大変なことだということは重々承知しております。
(大変だと感じる作業だということを、ですね)

そのピンチが来ると
人はいつも、でも、だって・・・と逃げ道を探すものです。

人は成長しています

そのまま窮屈な仮面の中にいるのは
とても苦しいことでしょう

勇気をもって仮面を外し
どうぞ、楽しく次のステ…

太陽の光の都市

イメージ
こんにちは^^!

7月になりました


もう夏のようですね…

週末はテリーサイモンズさんのWSで
2日間お手伝いをさせていただきました。

世界の希望である光の存在として、
クリスタルのバラの花のビジョンと
世界をつなぐ愛の光のイメージ
そんなメッセージを受け取りながらの
いろいろと面白い気付きの時間でした。

そんな濃い2日間を過ごしたのに
まだ私のハートは光の旅の周波数と繋がっていて
昨晩はしっかりとマチュピチュの光の都市の中に呼ばれて行ってまいりました。

ずっとずっと昔、夢で見た風景があります。
私は夢の中で南米にいて、ここにはとても大切な新しい世界の入り口があるんだ!と
とてもわくわく冒険している風景。。南米にいく都度、その夢を思い出します。 そして余談ですが、私はアマゾンに行きたい! これは密かな、でもとてもハートが心地良い望みです🌸
さて

わたしたちは、世界の希望です。

きっとこの記事を読んでくださっている方々は
それぞれにいろいろな苦境を乗り越え 笑
今を生きている勇敢な方々でしょう。

美しい世界の希望です。

いろいろな人がいろいろなことを言います
私もそのいろいろな人のうちの一人ですが
私の意見や考えではなく
私の感じている光を言葉という形に置き換えて、物事を語ろうと思っています。

この世界には
様々な幾重にも重なるレイヤーがあって
それぞれの人がそれぞれの人の感じる、または感じたい世界を生きています。
自分にとって必要な世界を生きている、というイメージですよね。

その世界の中で、何かを定義したら、もちろん、その世界風な定義が出来上がるわけです。

なので、自分の中にある感じているものを、ぜひ大切にしてください。
そしてまた、周りのそれぞれの人の中にあるいろいろな見方を大切にしてください。
私たちに優劣がないならば、私たちは理解しあえるのです。
あなたと私は違うから理解しあえないね、なんて、そんな自分を縛る制限を手放していきましょう。
その制限は、私たちはひとつであるという真実から私たちを切り離してしまいます。

真実を語る、ことと
判断および裁くことは、似ているようでとても違います。
そこにある愛の流れに目を向けてください。
ただ、それだけ、ただ、それだけです。

世界の希望である私たち自身を、ぜひ受け入れてください。

6月の夏至の日、私はクリスタルシティに出か…